Sphinn Japan Blog エントリー

キーワード出現率がSEOに有効なわけないと思う3つの理由

検索エンジンは、非常に多くの要素を加味しながら検索結果を決定するようになっています。
検索結果に影響を与える要素が新しく追加されることもあれば、今では使われなくなった要素もあるでしょう。
そんな中、未だにSEOにおける内部最適化の場面で出てくることがあるのが、キーワード出現率です。
今回は、キーワード出現率がSEOに有効なわけないと思う3つの理由を紹介します。

Page Speed Scoreは何点? サイトのパフォーマンスを確認

先月Googleは、検索結果の順位を決める一要素として、ページ読込速度を取り入れたことを発表しました。まだgoogle.comのみの採用で、ランキングに与える影響も非常に小さいそうです。しかし、読込速度が速いことは、サイトを訪れるユーザにとっても大変うれしいことです。運営しているサイトが重いのか軽いのか、何が原因で重いのかを知ることは、快適なサイト作りの助けになります。
今回は、Googleウェブマスターツール、Page Speedを使い、サイトのパフォーマンスを確認する方法を紹介します。

見出しタグの使い方を再確認

見出しタグはペナルティを受けるような乱用ではなく、適切な使用を心がけましょう。
今回は、見出しタグの使い方を再確認します。

SEOを意識したタイトルで気をつけること

今回は、ページタイトルを付ける際に気をつける事をまとめました。
ついついやってしまいそうな事や気づきにくい点もあるので、
基本に立ち返りタイトルの付け方を再確認したいと思います。

Googleから学ぶSEOの目的とECサイトの運営方針

SEOの目的とWebサイトの運営方針をGoogleから学びましょう!

WebデザイナーのためのSEO入門

今回は「たったの3つ」だけをとり入れることで内部SEOの80%以上ができてしまう要点を説明いたします。

  • 執筆者:fujiiakie | 公開日:2010/1/13
  • カテゴリカテゴリ:SEM/SEO 全般
  • タグタグ: ,
  • コメント WebデザイナーのためのSEO入門 はコメントを受け付けていません。  hatenahatena   livedoorlivedoor   Buzzurlbuzzurl   yahooyahoo

SEO対策におけるキーワード選びの基本

どんなキーワードで検索したときに、検索結果の上位に表示させたいのか。このターゲットキーワードを決めなければSEO対策は始まりません。今回は、初めてSEOに挑戦する時の最初の一歩として、キーワード選びの基本をまとめました。

大手メディアだって「SEO」は無視できない

購読している「東京IT新聞」に、ちょっと面白い記事を見つけたのご紹介したいと思います。
その記事とは、テックブロガーである「湯川鶴章(ゆかわつるあき)」さんが書かれていた「新聞有料化失敗のあとのメディアのビジネスモデルとは」というものでした。
大筋としては、運営失敗をしてしまった「Aol」を、元Google副社長の「Tim Armstrong」氏が再生させるにあたって、一体動言ったビジョンで動いているのかということを教えてくれています。
本筋は置いておいて、気になった点をピックアップするとこんな感じです。

SEOしてますか?

はじめまして。この度ブログエディターとしてSphinn Japanに参加させていただくことになりました、渡辺友太と申します。これからSEOに挑戦してみよう、学んでみようという方向けの記事を投稿していきたいと思います。

アナタの会社のマーケティング担当者はお金を捨てている!

アナタの会社のマーケティング担当者は大丈夫ですか?
無駄な広告費使っていませんか?

1 / 41234