リスティング広告代理店の選び方

公開日:2009/10/9
執筆者:阿部 圭司

SEO業者の選定同様、リスティング広告は施策者の力量でコンバージョン数が変動する場合があるので、リスティング広告代理店の選び方も重要度が増していると思います。

そんな中、リスティング広告代理店が大分増加しているようなので、どういった視点でリスティング広告代理店を選んだらよいのかを書き出してみたいと思います。

リスティング広告代理店の選び方

  1. 他社に負けない訴求点はどこか?
  2. どこまで対応してくれるのか?
  3. 担当者は何人いるのか?
  4. 最低契約期間・最低広告予算は?

他社に負けない訴求点はどこか?

どんな施策を行うのであれ、自社の武器を具体的に答えられないリスティング広告代理店は辞めた方がよいでしょう。普通と変わらないことを普通に行うのであれば名の知れた大きい代理店にお願いするのが一番安全です。

どんなジャンルが得意なのか?どういった施策を行うのか?が主ですが、”投資的な目線”でアドバイスしてくれるのか?”ランディングページ”のアドバイスなどは行ってくれるのか?またそれらには追加料金がいくらかかるのか?なども先に聞いておくとよいでしょう。長い付き合いになればなるほど、こういった視点を持っているかどうかが非常に重要です。

どこまで対応してくれるのか?

リスティング広告の最適化には様々な最適化の手法があります。例えば広告グループの細分化であるとか、キーワード挿入機能を使った施策だとか、広告文のA/Bテストであるとか。終わりは無いといってもいいほどやるべきことは沢山ありますが、全ての施策をリスティング広告代理店が行うことは不可能に近いです。

予めどこまで対応してくれるのか?を明確にすることで納得のいくリスティング広告代理店を選んでください。

担当者は何人いるのか?

リスティング広告代理店は大きくなればなるほど施策の担当者の数は増えていきます。営業、キーワード選定者、広告文選定者、アカウント管理者、レポート作成者etc…。 予め全体的な人数を把握することでリスクを軽減できます。

筆者がお薦めしたい理想の人数は多くても2人~3人という構成です。リスティング広告は多くの人数で行えば行うほどブレが生じやすくなる為リスクが高まります。

また、会社レベルではなく、担当者レベルでの経験や実績も話しておくと良いかもしれません。

最低契約期間・最低広告予算は?

どんなに優秀なリスティング広告代理店でも最低契約期間・最低広告予算等の縛りは存在します。しかしながら是非お願いしたいリスティング広告代理店を見つけることができたなら交渉してみるのも一つの手です。

一つの例として優秀な代理店は【成果報酬型】で受けてくれる場合があったり、固定額制などで請け負ってくれる場合もあるので一度話してみるとある程度の譲歩が受けれる場合が多いです。

リスティング広告代理店の選び方:まとめ

上記では合計4つのリスティング広告代理店の選び方を書き出しましたが、一番基準にしていただきたいのは”御社の視点になって施策を行ってくれるかどうか?”であると僕自身は考えています。

どんな技術やリテラシーがあっても、考え方や足並みが揃わなければ良い施策は撃てません。

そういった優秀なリスティング広告代理店を見つけるのは面倒で大変かもしれませんが、長く付き合う代理店を探すのであればちょっとした手間は惜しまず探していきましょう。

追記
営業のリテラシーが高ければ高いほど後ろにいる施策者は優秀である場合が多いので、営業の質、知識、レスポンスの速さなども参考にしてください。

この記事が良かったと思ったらSphinn Japanへ投稿/投票お願いします。

この記事へのコメント

2 Comments »
    Comment by tajima
    2009/10/22@12:13 AM

    『一番基準にしていただきたいのは”御社の視点になって施策を行ってくれるかどうか?』

    →たしかに、これ重要ですね。
    提案シュミレーション資料の数値をただ入れ替えて持ってくる会社は微妙かもしれませんね。。

    Comment by 阿部 圭司
    2009/10/22@10:09 AM

    tajimaさん

    コメント有難うございます。
    おっしゃるとおり、たしかに数値も大事かもしれないですが、数字の羅列よりも具体的にどういった手法で目標値を達成する可能性があるのか?またその手法で駄目だった場合はどういったケアを行うのか?等が明確だといい営業かとも思いますね。

Leave a comment